多くの人が集まりやすい広々とした一戸建て

PR | 羽村市で注文住宅といえば| 豊田市の注文住宅は自由設計大津市で新築を建ててみた

私は注文住宅で新築一戸建てを建てる時になるべく友達が集まりやすい間取りにしたいと考えていました。そのため、多くの人が入れるように広い部屋がある一戸建てにしました。広い部屋があることでたくさんの友人を招いてホームパーティーを開くことができました。広い部屋を造ると他の部屋が狭くなってしまうのですが、大勢の人と楽しく過ごせるスペースがある一戸建てになってよかったです。また、私はキッチンもこだわって一戸建てを建てました。マイホームを建てた友人のお宅にお邪魔した際に使いやすそうなキッチンに魅惑されたんです。

広々としたキッチンにしたので大勢の人が家に来た時に台所で料理をしながらみんなとしゃべることができる素敵なキッチンになりました。また、キッチンにはコーヒーなどを飲むための小さなカウンターのようなスペースも造ったのですが、ちょっとした息抜きをしたい時にお茶などを飲んで過ごしています。部屋が広くても天井が低いと圧迫感があるのでできるだけ高い天井にしました。私は開放感がある一戸建てにしようと家族と話し合っていました。そのため、小さい窓ではなく大きい窓がある部屋にしました。開放感にこだわった一戸建てにしたことで友達がたくさん来ても窮屈な感じがしなくて満足しました。

友達が気軽に来れるような一戸建てにしたことで非常に楽しく暮らせています。せっかく手間をかけてじっくり一戸建てを建てるのだから仲の良い友達に自慢できるような雰囲気の一戸建てにした方がいいです。私は部屋数を少なくするのが嫌だったので広い部屋は1つだけにしました。しかし、もう1つ広い部屋があっても良かったと実際に完成した一戸建てに住んでみて感じました。私はリラックスできる空間を意識して一戸建てのデザインをしました。例えば、日当たりの良いバルコニーがある一戸建てにしたので休日にゆったりとできています。バルコニーは冬でも温かいのでポカポカして気持ちがいいです。また、仕事の疲れを癒やせるような内装のお風呂にしました。その結果、家のお風呂に毎日入るのが楽しみになりました。

PR|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|

コメントを残す